FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天カードはただのnanacoチャージ専用カードじゃない!?実際に申し込んでみてお得なサービスを紹介します

楽天カードに申し込みました。

私が楽天カードに申し込んだ理由は、nanacoへのチャージのみの利用を想定していました。

楽天カードは、還元率自体は1%と高くはありませんが、それなりに汎用性の高い楽天スーパーポイントで還元され、少額のnanacoチャージで付与されたわずかなポイントでも、1ポイント単位で無駄なく消化できることが利点だと考えたからです。

実は私の場合、nanacoチャージ用のクレジットカードとしてはすでにソフトバンクカードを利用しています。
それでも今回追加で「楽天カード」を申し込んだ理由は、

「nanacoカードは1回の会計で5枚(モバイルも併用すれば+1)まで利用することができるため、nanacoに紐づけるクレジットカードは5枚まで持っていても損はない」

と考えたからです。

しかし、実際に楽天カードを利用してみると、nanacoチャージがお得ってだけじゃないメリットがありましたので、ご紹介したいと思います。

まず一つ目は、楽天カード会員限定のキャンペーンが魅力的な点です。

とくにお得だと思ったキャンペーンは、

・期間中1日1回楽天カードを利用するごとにメールで楽天スーパーポイントのギフト100円分(初回限定!?)
・3,000円のEdyチャージ(いつでもチャージ限定)で楽天スーパーポイント300ポイント(定期的?)

です。
おそらく初回限定と思われる前者のキャンペーンは、私の場合合計1,000円ほどの買い物で、1,000ポイントほどゲットできました。
お得ってレベルじゃないですね。
Edyチャージに関しては、うまく利用すれば10%還元という高還元を実現できる太っ腹キャンペーンで、これまで複数回実施されました。
他にも楽天カード会員限定でお得なキャンペーンが数多く存在します。

二つ目は、クリックでポイントで楽天スーパーポイントが貰える点です。

楽天カード会員専用HPで、「クリックでポイント」というコーナーがあるのですが、こちらで広告をクリックすると、1件につき楽天スーパーポイントが1ポイントもらえます。
この広告は頻繁に更新されますので、だいたい平均して毎週20~40ポイントほどのポイントを稼ぐことができます。


貯まったポイントはリアルで消化できますので、期間限定ポイントを無理やり楽天サービスで利用する必要もなくなりました。

私の場合はほぼ隔週で開催されるミスタードーナツの100円キャンペーンに合わせて、期間限定ポイントを美味しく消化しています。

nanacoチャージ専用のクレジットカードとして利用予定だった楽天カードですが、上記のように思わぬ利点がありました。
これらを踏まえて、楽天カードの特徴をまとめると、

・ショッピング利用100円につき楽天スーパーポイントを1ポイント付与
・nanacoチャージでも楽天スーパーポイントが貯まる(※JCBブランドのみ可、VISA、Masterは不可)
・Edy一体型カードで、キャンペーン利用で高還元率チャージ可能(※Edy一体型の申し込みが必要)
・毎日HPの広告クリックで楽天スーパーポイントが貯まる
・年会費が無料

と、なかなかお得なクレジットカードと言えそうです。
今なら10/19まで限定で、楽天カードの申し込みで楽天スーパーポイントが8,000ポイント貰えます。
(入会キャンペーンは通常5,000ポイントで、たまに実施されるキャンペーン時でも7,777ポイントの場合が多いので、今回のキャンペーンは申込みのチャンスです。)
クレジットカードでちょっとでもお得に買い物をしたいとお考えの方は、この機会に楽天カードの申し込みを検討されてみてはいかがでしょうか。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ryo

Author:Ryo
定期預金、個人向け社債、株式、投資信託など、様々な金融商品でポートフォリオを構築して資産運用を行っています。
資産運用で最終的に1億円を貯めて、配当金生活を目指す、単身赴任中の二児の父親です。

カテゴリ
リンク
ランキング
ブログランキングに参加しておりますので、クリックして頂けると嬉しいです
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

スポンサードリンク
SBI証券
私のメイン証券口座です

松井証券
少額取引の手数料が無料です

楽天銀行
配当金を受け取るのに有利です

セゾン投信
インデックス投資に最適です 投資信託|セゾン投信|動画バナー(積立)120*60




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。