FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンマ1円単位で地道に配当金を増額し続けるあおぞら銀行[8304]ですが、端株保有では恩恵は少ない?5円の配当金です。

あおぞら銀行[8304]から5円の配当金を頂きました。

あおぞら銀行の7/24現在の株価は470円で、配当利回りは4.2%となります。

あおぞら銀行は、株価は順調に上昇しており、配当金も増額され、投資家にとってはとても喜ばしい状況です。
しかしながら、私の場合、あおぞら銀行の株式を1株のみしか保有していないため、株価の上昇や、配当金の増額の恩恵は限定的なんですよね。

では、なぜ私があおぞら銀行の株式を1株だけ購入したかというと、その理由は、あおぞら銀行が四半期ごとに配当金を出す企業であり、楽天銀行のポイントプログラムとの相性が抜群に良いからです。





楽天銀行の配当金受け取りプログラムでは配当金を受け取るたびに10円頂くことができます。

一回当たりの金額は小さくとも、複数の銘柄を保有していて配当金を受け取るのであれば、チリツモで結構な金額になりますよ。

私のようにあえて四半期配当銘柄を端株で保有して利用する方法は邪道かもしれませんが、それでも恩恵のない別の口座で配当金を受け取るよりも、楽天銀行を配当金の受け取り口座に指定して、配当金受け取りプログラムを有効に活用した方が良いですよね。

ただし、2015年現在は、NISAという投資による利益が非課税になる制度がありまして、楽天銀行の配当金受け取りプログラムは制度上NISAとは併用することはできません。
NISAを利用する場合には使えない方法となりますのでご注意ください。

※参考記事:NISAに関しての誤解、お詫びと訂正

とはいえ、税金が非課税という素晴らしい制度に見えるNISAにも、損益通算ができないという致命的なデメリットがあります。
何が良いかよくご検討されたうえで、株式を売買されることをお勧めします。

※参考記事:NISAを効率良く活用する方法とは?

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まさに乞食投資法。
プロフィール

Ryo

Author:Ryo
定期預金、個人向け社債、株式、投資信託など、様々な金融商品でポートフォリオを構築して資産運用を行っています。
資産運用で最終的に1億円を貯めて、配当金生活を目指す、単身赴任中の二児の父親です。

カテゴリ
リンク
ランキング
ブログランキングに参加しておりますので、クリックして頂けると嬉しいです
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

スポンサードリンク
SBI証券
私のメイン証券口座です

松井証券
少額取引の手数料が無料です

楽天銀行
配当金を受け取るのに有利です

セゾン投信
インデックス投資に最適です 投資信託|セゾン投信|動画バナー(積立)120*60




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。