FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンビニで最もお得に買い物をする方法を紹介します

街中のいたるところに乱立するコンビニ。ついフラッと立ち寄って買い物をされるという方も多いのではないでしょうか。
今回はコンビニで最もお得に買い物をする方法をご紹介したいと思います。

コンビニでお得に買い物をする手段としては、高還元率クレジットカードを使う、電子マネーを使う、汎用ポイントカードを提示する、など、いろいろな方法があると思います。
その中でも、以下の2つの方法が最もお得な方法ではないかと考えます。

まず一つ目は、クオカードを利用する方法です。

簡潔に言うと、

「クレジットカードでチャージした電子マネーで購入したクオカードをポイントカードを提示して使う」

と、いうことですが、これだけでは何がなんだかさっぱりですよね。
以下、順を追って説明します。

1、リクルートカード(VISA)からnanacoにクレジットチャージする
リクルートカードは年会費無料のクレジットカードでありながら、還元率1.2%というクレジットカードです。
貯まるポイントはリクルートポイントですが、Pontaと相互互換ができますので、実質Pontaポイントが1.2%還元されます。

なお、年会費は2,000円かかりますが、リクルートカードプラスを利用すれば、還元率は2%まで跳ね上がります。
メインカードで利用するなど、年会費2,000円をペイできるような場合はリクルートカードプラスの方がお勧めです。

2、セブンイレブンでクオカード10,000円分をnanacoで購入する
10,000円のクオカードには、180円分、つまり1.8%分のプレミアムが付きます。
セブンイレブンではクオカードをnanacoで購入できます。
このときnanacoポイントは付与されませんが、クレジットカードからnanacoにチャージできるため、nanacoを利用することで間接的にクレジットカードでクオカードを購入できることになります

また、これと同じ原理でnanacoを利用してクレジットカードで、公共料金、各種税金、国民年金保険料などの支払いが可能です。
コンビニ納付用紙にバーコードが付いていればいけるハズです。

3、共通汎用ポイントカードを提示してクオカードで支払う
ローソン → Ponta
ファミリーマート → Tポイント
サークルKサンクス → Rポイント

を貯めることができますので、108円につき、これらのポイントが1ポイント貯まります(0.9%)。

これらを組み合わせることで、3.9~4.7%もお得に商品を購入できます。
さらに、商品によっては、Ponta/Tポイント/Rポイントのボーナスポイントが付くものがあります。
これらのポイントも考慮すると、さらに還元率を上げることが可能です。

しかし、特に少額の買い物をする場合には、これ以上にお得になる方法が存在します。

それは、商品券を使う方法です。

流通系商品券は、同系列のコンビニで使用することができます。
これらの商品券は1,000円の額面のものが、金券ショップにて980~985円程度で購入できます。

金券ショップで購入した流通系商品券を利用する方法ですが、これだけでは一見1.5~2%引きでの利用にしかならないように見えますよね。

しかし、流通系商品券は「おつり」が出るのです。

例えば、今流行りの100円コーヒーを購入する際、金券ショップで980円で購入した商品券を利用すると、900円のおつりをもらうことができます。
100円のコーヒーを80円で購入できていますので、20%もお得に購入できることになります。

このように、500円以下の買い物であれば、クオカードよりも商品券を利用する方法の方がさらにお得になります
極端な話、うまい棒1本を商品券で購入すると、還元率200%なんてことだってできてしまいます。

欠点を上げるとすれば、

・店員さんが商品券を使えることを知らなかったり、おつりが出ることを知らないことが頻繁にある
 →毎度毎度説明するのが面倒です。

・財布に小銭が貯まりやすくなる
 →ゆうちょ銀行ATMの唯一の出番ですね。

・あまり露骨にやりすぎると店員さんから白い目で見られる
 →毎日同じコンビニでうまい棒1本買い続けるのは強靭な精神力がいります。

でしょうか。

コンビニ店舗と使える商品券の組み合わせは以下の通りです。

セブンイレブン → セブン&アイ商品券
ローソン → ダイエー商品券(※1)
ファミリーマート → なし(※2)
サークルKサンクス → ユニー商品券
ミニストップ → イオン商品券

※1:ローソンでのダイエー商品券は2015年6月末で取扱いが終了となったようです。

※2:ファミリーマートは対応する流通系商品券がありませんが、「おこめ券」が使えます。
ファミリーマートよくあるご質問回答を参照)

うまい棒はやりすぎにしても、ちょっとコンビニに立ち寄って、

・100円コーヒーを1杯頼む
・眠気覚ましにガムを1個買う
・トイレを利用してそのまま立ち去るのもあれなんで何か1品買う

ような場面はよくあるのではないでしょうか。

今まで金券ショップを素通りしていた方も、ちょっと金券ショップに立ち寄って、流通系商品券が売っていないか確認されてみてはいかがでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

Ryo

Author:Ryo
定期預金、個人向け社債、株式、投資信託など、様々な金融商品でポートフォリオを構築して資産運用を行っています。
資産運用で最終的に1億円を貯めて、配当金生活を目指す、単身赴任中の二児の父親です。

カテゴリ
リンク
ランキング
ブログランキングに参加しておりますので、クリックして頂けると嬉しいです
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

スポンサードリンク
SBI証券
私のメイン証券口座です

松井証券
少額取引の手数料が無料です

楽天銀行
配当金を受け取るのに有利です

セゾン投信
インデックス投資に最適です 投資信託|セゾン投信|動画バナー(積立)120*60




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。