スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWに入るため帰省します

帰省するため、しばらく更新できません。
地元では家族サービスに徹します!
スポンサーサイト

セゾンバンガードグローバルバランスファンドの基準価格が10000円を超えました

セゾンバンガードグローバルバランスファンドの基準価格が10000円を超えました。

セゾンバンガードグローバルバランスファンドは2年ほど前から毎月5000円ずつ投資してきたファンドです。
当時は基準価格が7000円台だったと記憶しています。
私は基本的にほったらかしにしていますので、基準価格が10000円を突破していることに全く気が付いていませんでした。

長期投資していれば、そのうち基準価格が10000円を超える時もあるだろうと思ってはいましたが、まさか2年ほどで基準価格がここまで上昇するとは想像していませんでした。

これまでに合計130,000円購入して、現在の評価額は169,539円となっていますので、なんと30%以上利益が出ています。


さて、セゾンバンガードグローバルバランスファンドですが、セゾン投信でのみ扱っている商品です。
こちらの商品は、海外の大手投資会社、バンガード社のファンドを利用して、世界中の株式、債券に投資できるファンドオブファンズです。

ファンドオブファンズとは、ファンドに投資するファンドというもので、通常、2社分の手数料がかかり割高であるという考え方が一般的です。
確かにその通りではあるのですが、セゾン投信では、コストを極力抑え、さらに手数料の安いバンガード社のファンドを利用することで、信託手数料を1%以下に設定しています。

さらに、世界中の株式、債券に50:50の割合で投資しており、面倒なリバランスを考えることなく、これ一つで投資が完了してしまいます。
面倒な手間を省いて投資を行い方には最もおすすめできる商品の一つでしょう。

あえて弱点を上げるのならば、国内の株式、債券の割合が少ないため、為替リスクを大きく受ける点です。
国内でずっと生活をする人にとっては、財産のほとんどをつぎ込んでしまうのはリスクがあると思われます。
その場合、定期預金や個人向け国債(普通預金でも良いですが)と組み合わせるとリスクをコントロールできるのではないでしょうか。


このセゾン投信ですが、基本的に長期投資を理念としております。

過去、世界経済は年間4~5%の割合で経済成長を遂げてきており、短期的には乱高下はあるものの、長期的に見れば複利効果で経済成長とともに、資産も成長していくという考え方です。

長期間、ドルコスト平均法で割安に買い増して行きながら、株や債券、為替の乱高下に対して適切にリバランスを行うことで、結果的に「高いものを売り、安いものを買う」ことになり、資産は増えていきます。

ただし、今後もこれまで同様に世界経済が成長していくことが大前提となりますので、この点は理解しておく必要があります。

私の投資理念も、セゾン投信の影響を大きく受けています。

【投資信託】セゾン投信(資料請求)【長期投資】

ランキングに参加しています。
↓↓応援して下さる皆様のクリックが励みになります。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

イオン[8267]から配当金を頂きました

アベノミクスで輸出系の株を中心に大幅高となるなか、イオンの株価はなかなか上がらない印象でしたが、4月に入ってからは一気に上昇して、一時1400円台まで上昇しました。

1000円を切っていた時に妻名義でも買い足そうか迷いましたが、優待の特性上あまりメリットがないこともあって、買い増しはしませんでした。
こんなに上がることがわかっていれば買い増しておけば良かったですね。

しかし、株が上がるか下がるかなんていうのはプロでもそうそう分かりませんし、突発的なイベントによって急激に上がり下がりすることもあるので、株価の動きを気にしすぎてもいけないと思っています。

今後もスタンスを変えず、時間をかけてこつこつと自分の目指すポートフォリオを形成していきながら、ゆっくり焦らずに資産形成していきたいと思っています。


さて、今回はイオンから1074円の配当金を頂きました。
私が保有しているのは100株で、1050円で買い付けておりますので、年間の配当利回りとしては2%を超えています。

ここ最近は業績も安定してきており、配当も増配されてきています。

過去にイオンの株主優待によるキャッシュバックがありましたという記事を書きましたが、イオンを良く利用する私にとっては株主優待もとても魅力的で、これからも保有し続けていきたいと思います。


ランキングに参加しています。
↓↓応援して下さる皆様のクリックが励みになります。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

イオンの株主優待によるキャッシュバックがありました

イオン株を100株以上保有していると、イオンオーナーズカードというカードが送られてきます。

イオン系のお店で買い物する際に、このオーナーズカードを見せることで、買い物の金額の3%分がキャッシュバックされるという内容です。
お金を支払う前に店員さんにオーナーズカードを渡す必要があるので注意が必要です。
(私はなんどかオーナーズカードを使うことを忘れたことがあります。。)

保有株数が増えると、4%、5%、7%とキャッシュバック率が上がっていきます。
しかし私はあまり資産を持っていないので、分散投資の考え方からも、最低単位で保有しています。

今回のキャッシュバックは、7001円でした。
1050円で100株購入していますので、105000円の投資金額になりますが、半年で7001円ということは、ほぼ14%の優待利回りとなります。
配当金も考慮すると、なんと16%程度の利回りとなります。

イオンでよく買い物をされる方にとっては、高リターンが期待できる優待の一つだと思います。


さらに、この優待はイオン北海道などの株主優待(1000円ごとのお買い物で使える100円券)とも併用できます。

これらの優待を利用して、お客様感謝デーにイオンカードセレクトのWAON払いで支払うと、なんと最大で23%もの割引になります。
7%(オーナーズカード)+5%(お客様感謝デー)+10%(イオン北海道の優待券)+1%(WAONオートチャージ分含む)=23%

お得に買い物をする一つの方法として、ぜひご検討されてみてはいかがでしょうか。


ランキングに参加しています。
↓↓応援して下さる皆様のクリックが励みになります。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

住信SBIネット銀行劣後債の利息を頂きました

住信SBIネット銀行劣後債の利息を頂きました。

この社債ですが、発売された時にはいろいろと話題になった社債です。
もうあれから半年も経つのですね。。

劣後債というと、これまではメガバンクなどから発行されることが多かったのですが、今回はネット銀行から初めて起債されるとあって、記念に私と妻の口座でそれぞれ10万円ずつ購入しました。


さて、そもそもこの劣後債とはどのようなものなのでしょうか。

劣後債とは、劣後特約付社債の略称で、発行体がデフォルトした場合に通常の債権よりも残余資産の分配の優先度が下がるかわりに利率が高く設定されます。
期間は10年ですが、早期償還条項が付いており、通常は5年で償還されます。
発行体は自己資本の増強のために起債をするので、5年間は資金の全額を自己資本とみなすことができるためメリットがありますが、5年後は自己資本とみなすことができる割合が低下していくためメリットがなくなるからです。
早期償還をしないケースは、よほど財務体質が悪いか、よほど金利が上昇した場合に限られるでしょう。

この債券、金利面や信用面で賛否両論ありますが、個人的には良い商品だと思っています。
まあ1年償還高金利のSBI債には及びませんが、こちらの商品は今となっては抽選で買えないので(笑)

SBI債に関しては、また後ほど記事を書きたいと思います。


住信SBIネット銀行劣後債や、SBI債といった個人向けの社債はSBI証券から発行されています。
個人が購入できる社債は現在あまり多くはありません。
社債投資をするにあたり、SBI証券の口座は必須と言えます。
私もメインで使用している口座です。

SBI証券ではこれらのような商品が突然発行されますので、まだ口座をお持ちでない方は、ぜひ口座を開設してみてはいかがでしょうか。
もちろん、口座開設、口座維持手数料は無料です。


ランキングに参加しています。
↓↓応援して下さる皆様のクリックが励みになります。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

吉野家で株主優待券を使ってご飯を食べてきました

今日も吉野家でご飯を食べてきました。

単身赴任となってから、外食ばかりの生活になったためか、吉野家を利用することが多くなりました。

吉野家は100株保有していると、年間6000円分のお食事券がもらえます。
11万円ほどで6000円分のお食事券がもらえるということで、吉野家を利用する人には大変お得な優待となっております。
ちなみに吉野家以外でも使えるお店がありますので、よく利用するお店がないか調べてみてください。

私自身はそんなに吉野家を利用していなかったので、年に6000円分も使う機会がないと思っていたのですが、単身赴任することになって、むしろ全然足りないくらいになってしまいました。

妻の名義で買い足すことも真剣に検討してみようと思います。

しかし、株主優待はあくまでも「おまけ」なので、突然廃止になったり、改悪されたりすることが多々あります。
優待利回りや配当利回りだけに気を取られずに、その会社の財務体質はよく調べてから投資するようにしましょう。
財務体質の悪い会社は配当金の減配や優待の改悪が行われる可能性もありますので。


ランキングに参加しています。
↓↓応援して下さる皆様のクリックが励みになります。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

またまた日経平均株価が大幅上昇

日経平均株価は終値で313円81銭高で、4年10か月ぶりに1万3800円まで上昇しました。
相変わらず強いですね。

しかし、為替の方は相変わらず慎重で、1ドル100円を超えそうで超えないですね。

ここのところ、急激に株高、円安となっており、新たに国内株や外国資産を買いますのを躊躇してしまいますが、ポートフォリオを見るとまだまだ海外資産の割合が少ないので、少しずつ購入していこうと思っています。


ランキングに参加しています。
↓↓応援して下さる皆様のクリックが励みになります。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

海外資産の運用にETFではなく投資信託を選ぶ理由

私の資産の中で、先進国株式、新興国株式、先進国債券、新興国債券に関しては、投資信託で運用しています。
手数料だけでいえば投資信託よりもETFの方が有利だと言われており、実際に長期運用をされている方はETFで運用をされている方が多いように思います。

投資信託やETFには下記のタイミングで手数料がかかります。
・購入時
・売却時
・保有期間中

ETFは保有期間中のコストが安く、投資信託は購入時、売却時のコストが安い(あるいはなし)です。
長期で保有するには、当然保有期間中のコストの影響が大きくなってきますので、長期運用を前提とするならば、ETFが有利ということになります。

が、私は一概にそうではないと考えています。

理由は以下の通りです。
・ETFは投資信託に比べて最低購入単位が大きい
・リバランスを行う際には売却、購入が必要となる
・投資信託にはポイントプログラムがある

ドルコスト平均法により、時間的に分散することで平均購入単価が低くなるよう購入していくことが基本となりますが、その場合、最低購入単位が大きいとデメリットになります。

また、投資を長期で続けていく以上、必ず大きく資産が増えたり、あるいは目減りしたりします。
そうなった場合に、リバランスは必須といっても良いと思います。
リバランスを行う場合、売却、購入が必要となります。
私のように買い増しによるリバランスを行う場合には、購入時にコストのかからない投資信託は有利といえます。

最後に、保有期間中のコストについてですが、確かに投資信託は保有期間中のコスト、つまり信託報酬がETFに比べると高いです。
しかし、証券会社によってはポイントプログラムがあり、投資信託の保有量に応じてポイントが還元されます。
私が利用しているSBI証券では、1000万円以上投資信託を保有していると、0.2%のポイントがもらえます。
うまく利用することで、実質的な信託報酬を大きく抑えることができます。


以上を加味すると、投資信託の手数料はETFと比べても一概には高いといえないのではないでしょうか。


ランキングに参加しています。
↓↓応援して下さる皆様のクリックが励みになります。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

日経平均株価が4年9か月ぶりの高値だそうです

日経平均株価が4年9か月ぶりの高値だそうです。

株式投資をしている方にとっては、うれしいニュースですよね。
私が保有する株式も、全銘柄がプラスという異常な状況となっております。
(おまけに投信もすべてプラスという状況です。。)

もちろん、ありがたい状況ではあるのですが、しかし、このように連日株高となると、これから株を買うのを躊躇してしまいますよね。
それどころか大幅に上昇した銘柄は利益確定したい衝動に駆られます(笑)

それでも、ポートフォリオを崩さないこと、リバランスは買い増しによって行うこと、という自分で決めた大原則に基づいて、株は売らずに買い増していきたいと思います。


長期投資には、今の状況に一喜一憂するのではなく、何十年という期間を視野に、淡々と自分の決めたポートフォリオを守り、運用していくことだと思っています。
もちろんポートフォリオ自体も年齢や生活状況によって見直していく必要はありますが。

私のポートフォリオもまだまだ自分の考える理想形には程遠いですが、ドルコスト平均法で、長い期間をかけて徐々に形成していきたいと考えています。


ランキングに参加しています。
↓↓応援して下さる皆様のクリックが励みになります。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

マクドナルドの優待券でランチ

この週末は、地元に帰省してきました。
久しぶりに家族と会ったわけですが、やはり家族と過ごす時間はいいですね。

久しぶりに家族でお出かけをして、昼は株主優待券を利用してマクドナルドでランチを食べてきました。


さて、このマクドナルドの優待券ですが、サンドイッチ、サイドメニュー、ドリンクの引換券がそれぞれ6枚セットになっています。
100株所有していると、この優待券セットを半年に1度もらえます。
月に1度、マクドナルドのセットメニューがただで食べられるということで、かなり人気の高い優待です。

さらに、サイドメニューやドリンクはサイズを選ぶことができます。
ドリンクに関しては、通常のセットメニューでは選ぶことのできない、カフェ系も選ぶことができるのです。

私はいつも、ダブルクォーターパウンダーバーガー+ポテトL+アイスカフェモカMを注文しています。
摂取カロリーはものすごいことになっていそうですが。。。

カロリーが気になる方は、サイドメニューをサラダにする方法もあります。
(ちなみにサラダはポテトLよりも販売価格が高く、もっともお得な優待券の使用法になります)


これだけお得な優待券が貰えるので、人気があるのもうなずけます。
そして、マクドナルドは会社の財務体質も健全で、長期保有にも適しているといえるでしょう。

個人的にはさらに買い足していきたいのですが、最近の高値では買い足す勇気がありません。。
今後、大きく下がる機会があれば、買い足すくらいの気持ちで気長に待ちたいと思います。


※投資判断は自己責任にてお願いいたします。


ランキングに参加しています。
↓↓応援して下さる皆様のクリックが励みになります。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

吉野家の株主優待で280円に値下げした牛丼を食べてきました

吉野家の株主優待で牛丼を食べてきました。

さて、吉野家といえば、本日4/18より牛丼並盛を380円から280円に値下げしました。

世の中、アベノミクス効果で為替は一気に円安への傾き、株は上昇、インフレターゲットを2%に設定して、日銀は異次元の金融緩和を実施すると発表して世間を驚かせました。
政府は企業に給料アップを促し、本格的にインフレに導こうとしている、そんな最中の値下げであります。
我々消費者にはありがたいですが、日本経済としてはどうなのでしょうか。


さて、この吉野家株ですが100株保有していると、毎年2回3000円分のお食事券がもらえます。
100株の買い付け価格が10万円程度ですので、優待だけで6%近くの利回りになります。
配当金も2%近いので、株主優待と配当金を合わせた利回りは8%近くにもなります。
財務体質はやや不安ではありますが、それでもこの利回りは魅力的なので、分散投資の一つとして購入しています。

このように、国内株式には、配当金以外にも株主優待が貰える銘柄が多くあります。
これからも私が利用しているお勧めの株主優待を随時紹介していきたいと思います。


これから株式投資をお考えの方には、ネット証券を利用されることをお勧めします。
理由はインターネットで簡単に売買できる点と、手数料が圧倒的に安いことです。
投資で資産形成を考えるのであれば、それにかかるコストは極力抑えるべきですので、特に手数料に関しては重視すべきでしょう。

ちなみに私はSBI証券をメインで利用しています。
手数料の安さは業界でも最高レベルです。
また、四季報の情報など、普通は有料でしか見られないような情報を見ることができます。
また、投資信託のポイントプログラムもすぐれている点も魅力的です。


※投資判断は自己責任にてお願いいたします。


ランキングに参加しています。
↓↓応援して下さる皆様のクリックが励みになります。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

イオン銀行が年2%の定期預金キャンペーン

イオン銀行が年2%の3か月定期預金キャンペーンを行っています。

大手銀行の3か月定期預金の利率が0.025%程度ですので、なんと80倍もの利息が貰えることになります。
もちろん定期預金なので、預金保険制度の対象となりますので、リスクはありません。

ただし、申し込むためには下記の条件を満たす必要があります。

・イオンカードセレクトを持っていること
・イオン銀行の店舗でのみ取扱い
・1口1万円以上、300万円まで


私は、WAONのオートチャージと、ゴールドカード目当てでイオンカードセレクトを作っていたので、さっそく申し込もうと思っています。

このキャンペーン、期限は5月末までなのですが、4月に申し込むよりも5月に申し込んだほうが少しだけお得になります。
たとえば4月20日に申し込んだ場合、満期は7月20日になります。
この場合、91日間分の利息が貰えることになります。
5月20日に申し込んだ場合、満期は8月20日になります。
この場合、92日分の利息が貰えることになりますので、4月に申し込む場合より、1日分ですが、多く利息が貰えることになります。

2%なんていう定期預金キャンペーンはまずないので、ちょっとでもお得に利用したい方は、5月を待って申し込んでみるのも良いかもしれませんね。


ランキングに参加しています。
↓↓応援して下さる皆様のクリックが励みになります。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

プロフィール

Author:Ryo
定期預金、個人向け社債、株式、投資信託など、様々な金融商品でポートフォリオを構築して資産運用を行っています。
資産運用で最終的に1億円を貯めて、配当金生活を目指す、単身赴任中の二児の父親です。

カテゴリ
リンク
ランキング
ブログランキングに参加しておりますので、クリックして頂けると嬉しいです
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

スポンサードリンク
SBI証券
私のメイン証券口座です

松井証券
少額取引の手数料が無料です

楽天銀行
配当金を受け取るのに有利です

セゾン投信
インデックス投資に最適です 投資信託|セゾン投信|動画バナー(積立)120*60




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。