スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年会費無料のゴールドカード!イオンゴールドカードセレクトのインビテーションの条件とは?

イオンゴールドカードセレクトは、このブログでも何度かご紹介している「イオンカードセレクト」を保有する方の中でも限られた人を対象にインビテーション(招待)が送られてきて、初めて申し込みが出来るゴールドカードです。

このイオンゴールドカードセレクトはインビテーション制でしか申込みが出来ない「ゴールドカード」でありながら年会費が無料というクレジットカードで、クレジットカードを持つのであれば作っておいて損のないカードでしょう。

イオンゴールドカードセレクトの特典をいくつか紹介します。

1、海外旅行保険が自動付帯(3,000万円)
2、国内旅行保険が利用付帯(3,000万円)
3、180日間のショッピングセーフティ保険(300万円)
4、羽田空港のラウンジが利用できる
5、イオンラウンジが利用できる

海外旅行によく出かけて、特に羽田空港を利用される方には、年会費無料とは思えないほどの恩恵が受けられます。
また、イオンゴールドカードセレクトはイオンを利用するときに使うクレジットカードであるため、一番のメリットはイオンラウンジが利用できるという点ではないでしょうか。

イオンラウンジはイオンの2Fや3Fの隅っこのあたりにひっそりとある、限られた方のみがお買い物の合間に利用できる休憩スペースで、ここではトップバリュブランドの飲物やお菓子を無料で頂くことができます。


いろいろな特典のあるイオンゴールドカードセレクトですが、申し込むためにはインビテーション(招待)を受けるしか方法がありません。

では、どのようにしたらゴールドカードへのインビテーションを受けることができるのでしょうか。

インターネット上で紹介されているイオンゴールドカードセレクトのインビテーション(招待)を受けるための情報をまとめると、以下のような条件がありそうです。

■イオンカードの利用でインビテーションを受ける方法
・イオンカードで年間100万円以上買い物をする
・イオンカードで年間120件以上、かつ80万円以上買い物をする
・イオンカードで累計500万円以上買い物をする

■銀行のサービスでインビテーションを受ける方法
・イオン銀行で100万円以上の定期預金を組む ※
・イオン銀行で投資信託の残高がある ※
・イオン銀行で住宅ローンを組む

ちなみに私が実際に試した方法は、イオン銀行で100万円の定期預金を組む方法(※)、イオン銀行で1万円分の投資信託を購入する方法(※)の2つです。

どちらも条件を満たした数か月後にインビテーションを入手することができ、その後申込みを行いゴールドカードにグレードアップできました。

※ちなみにこれは2012年の話であり、現在は条件が厳しくなったとの情報があります。
 私が確認した限りでは、300万円の定期預金を組んでもインビテーションが来ないことを確認しました

※そのあと、一年経過後にインビテーションが来ることを確認しました(2015年6月追記)

そもそも「イオンカードセレクト」はイオンクレジットカードの機能、WAONの機能、イオン銀行のキャッシュカードの機能を1枚でこなす優秀なカードです。
かつ、最も利用頻度の高いWAONの利用で、オートチャージ機能を使うことでポイントの2重取りが出来る唯一のカードであり、イオンを利用する方には必須のクレジットカードでしょう。

さらに、イオンカードセレクトをイオンゴールドカードセレクトにグレードアップすることで、イオンラウンジを利用できる権利が得られるという特典も付いてきます。

もし、まだイオンカードセレクトを持っていない方は、この機会に申込みされてはいかがでしょうか。

イオンカードセレクトはインターネット、またはイオンの店頭で申し込みが可能です。
店頭のキャンペーンよりインターネットのキャンペーンの方がお得な場合が多いので、店頭ではなくインターネットから申し込みがお勧めです!

↓↓こちらからイオンカードセレクトの申し込みが可能です




★2015年8月3日追記
※2015年8月1日から10月31日までの期間限定で、インターネットからの申し込みに対して5,000円分のときめきポイントが貰えます。
これだけのポイントが貰える機会はなかなかないので、今が申し込みのチャンスです!!
(ときめきポイントはWAONに等価交換できますので使い勝手も良いですね!)
スポンサーサイト

4/25~4/27の3日間限定!イオンモール専門店、イオンショッピングセンター専門店でイオンカードを利用すると10%オフになるようです

4/25~4/27の3日間限定ですが、イオンモール専門店、イオンショッピングセンター専門店でイオンカードを利用すると、利用料金請求時に10%オフとなるようです。

私もそうですが、イオンを良く利用するという方にはかなり嬉しいキャンペーンですよね。

さらに、今なら4/4~5/6までWAONポイント、ときめきポイント3倍キャンペーンも実施されていますので、4/25~4/27の間にイオン専門店でイオンカードにてクレジット決済すると、

・請求料金10%オフ
・ときめきポイント1.5%(通常0.5%の3倍)

合わせて11.5%という驚異的な還元率となります。
高還元率クレジットカードでも2%弱がいいところですので、今回のキャンペーンの還元率のすごさがお分かりいただけるのではないでしょうか。

もちろん11.5%の還元率を受けられるのは「期間限定」で「イオン専門店のみ」であり、その汎用性はほかのクレジットカードと比べものになりません。
そのため、私はメインカードはREXカード(高還元率カード)を利用して、公共料金などの固定費をはじめとした支払に利用して、イオン専用のサブカードとして「イオンカード」を使う方法を取っています。

今回のようなイオン専門店で10%オフとなるキャンペーンはこれまでにも不定期で何度か実施されていますので、そのたびに大きなメリットを得ることができます。

なお、イオンカードには

・通常のイオンカード
・WAON付きイオンカード
・Suica付きイオンカード

などなど様々な種類がありますが、「イオンカードセレクト」がおススメです。

イオンカードセレクトであれば、通常のイオンカードにWAON機能とイオン銀行のキャッシュカード機能がついており、唯一WAONのオートチャージでポイントが付くカードです。

また、銀行のサービス利用でゴールドカードにステップアップすることもできる点も魅力です。

詳細は、イオンを利用する方には必須の一枚、イオンカードセレクトをご紹介しますという記事を参照ください。


楽天スーパーポイントの汎用性が大幅にアップ!リアル店舗で使えるRポイントの提携先が大幅増加!

インターネットで楽天を利用して買い物をしているという方も多いのではないかと思います。

おそらくリアルの店舗と比較すると、楽天市場を利用した方が圧倒的に安く買い物できる場合が多く、私自身も何度か利用した経験があります。

楽天で買い物をする場合、「楽天スーパーポイント」が貯まることはご存知かと思いますが、この楽天スーパーポイントは、ネット上の楽天サービスの中でしか使えないと思っている方も多いのではないでしょうか?

実は、「楽天スーパーポイント」はリアルで貯めることができる「Rポイント」と互換性があります。
しかしRポイントは、これまでは「タマホーム」しか提携先がありませんでした。

それが今回、大幅に提携先が増えることになり、楽天スーパーポイントの汎用性が大幅に上がることになりそうです。
主な新しいRポイントの提携先は下記の通りです。

・サークルKサンクス
・出光サービスステーション
・ミスタードーナツ

これまでリアル店舗で汎用性の高い共通ポイントサービスといったら、「Tポイント」と「ponta」の2種類でしたが、ここに楽天の「Rポイント」が割って入ることが出来るのか、注目ですね。

個人的にはガソリンは出光を利用していますし、ミスタードーナツやサークルKサンクスもよく利用するため、Rポイントを積極的に利用していきたいと考えています。


リアルでRポイントを活用するためにも、うまく楽天スーパーポイントを貯めたいところですよね。
そこで、楽天スーパーポイントの上手な貯め方を少しご紹介したいと思います。

1、楽天Edyもらえるモールを活用することで、楽天市場で1.2%、楽天ブックスで2.0%の楽天スーパーポイント(または楽天Edy)を上乗せ

2、楽天イーグルス、ヴィッセル神戸の勝利翌日を狙って、2倍のポイントを獲得する
 ※W勝利時を狙えばポイントが3倍になります

3、複数サービス利用時はポンカンキャンペーンを活用して楽天スーパーポイントを上乗せする
 ※楽天カードを持っている必要があります

4、楽天カードの利用でショッピング利用の1%の楽天スーパーポイントを貯める
 ※楽天でクレジット利用する場合はほかの高還元率クレジットカードを利用した方がお得な場合があります


上記は一例となりますが、楽天スーパーポイントをうまく貯めて、リアルの店舗でも有効に活用して頂ければと思います。
ちなみに楽天カードは作成するだけで楽天スーパーポイントが貰えますのでお得です。
(申込み費用や年会費は一切かかりません)




なお、楽天では昨年12月から株主優待制度が導入されておりまして、下記の様々な特典を得ることができます。

・東北楽天ゴールデンイーグルス主催の公式戦に抽選でご招待、又は、優待価格での観戦チケットのご提供

・抽選で東北楽天ゴールデンイーグルス選手の直筆サイン入りグッズをプレゼント

・楽天市場でご利用いただける800円(200円×4枚)相当のクーポン

・楽天トラベルの国内・海外ツアー「楽パック」でご利用いただける6,000円相当のクーポン

・楽天koboでのコンテンツ購入にご利用いただける1,500円相当のクーポン


楽天をよく利用される方にとってはなかなか魅力的な優待だと思います。
ご興味があれば、楽天の株主優待制度も利用されてみてはいかがでしょうか。

電車の運賃が1円単位に!Suica利用でお得なビックカメラSuicaカードを作りました

4月から消費税が8%に増税されましたが、それに伴ってJRの運賃が1円単位で改正されました。
ただし、これはSuica等のIC乗車時に限定され、切符を購入して利用する場合には、これまで同様10円単位の料金となります。
そのため、Suica利用時と、切符購入時で金額が異なるという、ちょっとイレギュラーな状態となっています。

そんな状況ではありますが、私自身、単身赴任で電車に乗る機会が増えたこと、私の地元で最寄り駅のある名古屋鉄道では「manaca」というICカードがあるのですが、実はSuicaでも利用ができることから、Suicaを作ることに決めました。

どうせなら最もお得にSuicaを使いたいということで、クレジットカード機能付きのSuicaをいろいろと調べてみた結果、「ビックカメラSuicaカード」が一番お得だという結論に至りました。

Suica付きのクレジットカードでは、プロパーで「Viewカード」というものがあるのですが、これは年会費が500円かかります。
そこで、Viewカードと提携したクレジットカード、例えば、「イオンSuicaカード」や、「ビックカメラSuicaカード」などを利用すれば、年会費0円でSuicaを利用できます。

ここで気を付けないといけないのは、プロパー以外のViewカードにはType ⅰとType ⅱの2種類があり、Type ⅱのものではサービスが限定されてしまいViewカードのうまみを最大限に利用できないという点です。


年会費無料で、Type ⅰのカードとなると、私が調べた限りでは「ビックカメラSuicaカード」しか存在しません。


ビックカメラSuicaカードの利点は下記の通りです。

・JR東日本での定期購入やチャージは1,000円につきViewサンクスポイント6ポイント(15円相当:Viewカードの特徴)
・通常のショッピング1,000円につき、Viewサンクスポイント2ポイント(5円相当:Viewカードの特徴)+ビックポイント5ポイント(5円相当:ビックカメラSuicaカード独自の特徴)
・モバイルSuicaの利用が無料(Viewカードの特徴)
・Web明細利用で毎月Viewサンクスポイント20ポイント(50円相当:Viewカードの特徴)
・年会費無料(1回以上利用した場合:ビックカメラSuicaカード独自の特徴)


まとめると、Suica利用で1.5%、それ以外のショッピングでも1.0%という高還元率に加え、Web明細で毎月50円貰える年会費無料のオートチャージSuica機能付きクレジットカードです。

プロパーのViewカードの利点をすべて持ち、かつビックポイントも追加で溜まり、年会費が無料、というSuica最強カード言えるでしょう。


ビックカメラSuicaカードにはクレジット機能とSuica機能の両方がありますので、オートチャージ設定をすることで、Suica利用時にSuicaの残額が一定額を下回ったら、自動的にクレジット決済にてSuicaチャージがされるようになります。

私の場合は、オートチャージ設定を最低の1,000円にして、毎月必ずチャージが走るようにしています。

これで、クレジットカードとして利用することを意識しなくても、Suicaとして利用しているだけで、自動的にWeb明細による50円と年会費無料の条件を満たすことが出来るようになります。
Suicaオートチャージの1.5%のポイントと合わせて、ものすごいスピードでポイントが溜まっていきます。


今後、Suicaをお得に使いたいという方には、「ビックカメラSuicaカード」を検討されてみてはいかがでしょうか。

電子マネー対応のクレジットカード!Softbankカードをご紹介します

「楽天Edy」、「nanaco」のチャージに利用しているSoftbankカードをご紹介します。

楽天Edyやnanacoなどの電子マネーを利用される方にぜひ、お勧めしたいクレジットカードがSoftbankカードです。
通常楽天Edyやnanacoにクレジットカードからチャージできるカードはあまりなく、チャージできてもクレジットカードのポイントが付かないカードも多くあります。
Softbankカードでは、「楽天Edy」「nanaco」に対してクレジットカードからのチャージができてポイントが1%還元される、電子マネーに対して最も強いクレジットカードの一つと言えるでしょう。

ちなみに貯まったポイントは、Softbankユーザーでなくても現金値引きでの還元が可能です。
(※この場合手数料が3%かかるため、還元率0.97%になります)

また、Softbankユーザーであれば、Softbankの携帯電話の使用料金をこのクレジットカードで支払うことで、ケータイ安心保障が無料で付帯されます。
他のクレジットカードにはない魅力的な保障と言えるでしょう。


私も「楽天Edy」「nanaco」への電子マネーのチャージとケータイ安心保障の目的でSoftbankカードを利用しています。

電子マネーへのチャージ、ケータイ安心保障用のサブカードとして自信を持ってお勧めできるクレジットカードです。
もちろん年会費は無料です。
↓↓こちらから申し込みができますので興味を持たれた方はどうぞ。
プロフィール

Ryo

Author:Ryo
定期預金、個人向け社債、株式、投資信託など、様々な金融商品でポートフォリオを構築して資産運用を行っています。
資産運用で最終的に1億円を貯めて、配当金生活を目指す、単身赴任中の二児の父親です。

カテゴリ
リンク
ランキング
ブログランキングに参加しておりますので、クリックして頂けると嬉しいです
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

スポンサードリンク
SBI証券
私のメイン証券口座です

松井証券
少額取引の手数料が無料です

楽天銀行
配当金を受け取るのに有利です

セゾン投信
インデックス投資に最適です 投資信託|セゾン投信|動画バナー(積立)120*60




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。