スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天銀行の新型定期預金が延長判定されていたようです。0.75%の利息を頂きました。

楽天銀行は配当金受け取りプログラムのために利用しています。
この楽天銀行を利用する際、お金の入金は一定額以上を入金することで無料となりますが、お金を出勤する際には手数料が発生するということで、結構使いづらい銀行なんですよね。

そこで、10万円分の定期預金を組んでおくことで、月に1回ATMの手数料が無料となるようにしています。
どうせ10万円が拘束されるなら、金利が高い商品が良いだろうということで、

10年特約付きの「新型定期預金」を10万円購入しています。

私が購入した新型定期預金の特徴は、

利率は一律0.75%で、
満期が1年~10年で、銀行都合で自由に変えられる(こちらが選べない)という商品です。
楽天銀行を使う上で、10万円を常に拘束されるのであれば、満期が選べないことはたいしたデメリットになりませんので、利率の高い新型定期預金を組みました。

今回10万円の利息として受け取ったのは、599円でした。
定期預金の利息にしてはそれなりに高いですね。

今回は「延長」判定で、満期が来年以降に持ち越されたわけですが、満期になったらなったで、新しく定期預金を組む手間が発生しますので、どうせならしばらく延長判定としてもらっても良いくらいで考えています。
スポンサーサイト

10月OPENのイオンモール木更津に行ってきました!開店記念定期預金3か月0.5%キャンペーンを紹介します

10月にOPENしたばかりのイオンモール木更津に行ってきました!

イオンモール木更津のオープンを記念して3か月0.5%という10年変動個人向け国債の利率を上回る商品が販売されています。
3か月とはいえ、今の金利情勢からすれば破格の条件の定期預金ではないでしょうか。

ただし、キャンペーン定期預金を組むにあたり下記の条件があります。

・イオンカードセレクトを保有していること
・一人1口500万円までの申し込みであること
・店頭限定での申し込みであること(ATM不可)

破格の条件ではありますが、イオンとしてもオープン店頭限定の定期預金とすることで、新しい出店地域で新たにイオンカードセレクトの会員を開拓できるというメリットがあり、双方にとってWin-Winの商品といえるでしょう。

イオンモール幕張新都心オープン時にも破格のオープン記念定期預金が募集されていたことから、イオンモールの新規出店時には同様の破格の定期預金が募集される可能性が高いと思われます。

店頭でイオンカードセレクトを作成して定期預金を組むこともできますが、事前にWebで申し込みをしておくと、様々な特典があるためお得です。
↓↓こちらからイオンカードセレクトの申し込みができます。



なお、資金に余裕があれば、定期預金に500万円預金することで、イオンカードセレクトをゴールドカードにグレードアップできる可能性が高いと考えられます。
イオンゴールドカードセレクトにグレードアップすることで、「イオンラウンジ」が利用できるようになるなど、様々な特典がありますので、詳細は「年会費無料のゴールドカード!イオンゴールドカードセレクトのインビテーションの条件とは?」という記事を参照ください。

住信SBIネット銀行の3か月0.4%定期預金が満期を迎え、計160円の利息を受け取りました

住信SBIネット銀行の3か月0.4%の定期預金が満期となりました。

私は、10万円×2=20万円分の定期預金を組んでおり、税引き後で、80円×2=160円分の利息とともに元金を受け取りました。
今後は国内債券クラスは、NISA口座で投資信託を利用した運用を中心に行う予定でおりますので、よほどの内容の定期預金が登場しない限りは、定期預金への預け入れはしない予定です。

今年の夏の定期預金キャンペーンは軒並みハズレのようですし(記事すら書いていませんが。。。)、唯一好条件と思われた楽天銀行の1週間定期にはただただ失望させられるだけという結果になりました。

しばらく定期預金を利用することはないかもしれません。

楽天銀行がやってくれた・・・やるとは思っていたけども、予想をはるかに凌駕していた件

楽天銀行がやってくれました。

恐ろしいほどに好条件の短期間定期預金を出してきたと、ものすごい話題になりました。

きっと、そのうち金利も下がるんだろうな、とは思っていましたが、1週間もたたないうちに金利が下げられるのは予想をはるかに凌駕していました。

もはや私のタイムラグのある予約投稿では情報のスピードがついていけないレベル。。。


楽天に対しては優勝セールの事件といい、あまり良い印象は持っていないのですが、ちょっとあまりにも露骨すぎるやりかたには正直失望させられました。

さっさと資金を引き揚げ、今まで通り、株主配当金受取プログラム専用の口座に戻すことにします。

驚愕の短期間定期預金登場!?楽天銀行の1週間定期0.5%、2週間定期0.3%がお得過ぎます

ここにきて、楽天銀行が突然驚愕の短期間定期預金を導入してきました。

その驚きの内容は、1週間0.5%、2週間0.3%の2種類となりまして、どちらもこの低金利時代にはあり得ないほどの好条件となっております。
おそらく高金利なのは最初の方だけで、徐々に金利が下げられていくのでしょうが、それでも現状の待機預金の置き場として利用しない手はありません。

これまでは短期間の定期預金と言えば、新生銀行の2週間定期(現在0.15%)や、東京スターワン銀行の1週間定期(現在0.3%)などがありますが、それらを全く持って寄せ付けない好条件には、ただただ驚くばかりです。

私も早速待機預金の50万円を10万円×5セットに分け、1週間定期預金を組みました。

この手の定期預金の良い点は、短期間で満期がくるため普通預金感覚で利用できる点と、利金の税金が切り捨てられることで、ほんの少しですが利回りが良くなる点です。

さらに嬉しいことに、楽天銀行で預かり資金が100万円を超えれば、ハッピープログラムでVIP対象となり、月に3回までATM利用が無料となり、楽天スーパーポイントの付与率が3倍になるという特典が付きます。

楽天銀行にはご存知の通り、配当金受取プログラムがありまして、配当金受取ごとに10円が貰えるのですが、この時に付与される楽天スーパーポイントが3倍になる点も嬉しいシナジー効果ですね。

これまで配当金受取プログラムのみで利用していた楽天銀行ですが、今後は待機預金の運用場所としての期待もできそうです。


プロフィール

Author:Ryo
定期預金、個人向け社債、株式、投資信託など、様々な金融商品でポートフォリオを構築して資産運用を行っています。
資産運用で最終的に1億円を貯めて、配当金生活を目指す、単身赴任中の二児の父親です。

カテゴリ
リンク
ランキング
ブログランキングに参加しておりますので、クリックして頂けると嬉しいです
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

スポンサードリンク
SBI証券
私のメイン証券口座です

松井証券
少額取引の手数料が無料です

楽天銀行
配当金を受け取るのに有利です

セゾン投信
インデックス投資に最適です 投資信託|セゾン投信|動画バナー(積立)120*60




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。